美味しいコーヒーの淹れ方(ドリップ方式)

美味しいコーヒーの淹れ方(ドリップ方式)

① 準備する器具

ペーパーフィルター,サーバー,ドリッパー,ポット

お湯は沸騰湯でなく、85℃〜90℃が適温です。

沸騰湯ですと、苦味が抽出され易くなります。

 

② ペーパーフィルターのつなぎ目を互い違いに折り曲げます。ペーパーのつなぎ目の穴から、お湯が素通りすることを防止します。
Exif_JPEG_PICTURE

③ コーヒー粉を蒸らします。少量のお湯を粉全体に静かに注ぎ、30秒くらいそのまま待ちます。この作業で豆の旨みや香りを引き出し易くなります。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

④ 抽出したいお湯を3回に分け注ぎます。 粉の中央から外に向け、同じところに湯を注ぎすぎない為に、「の」の字を描きながらお湯を注ぎます。この時、お湯がすべて落ち切らない内に、次の1/3の同量を繰り返し注ぎます。最初にコーヒーの甘みと酸味、時間が経過すると徐々に苦味が抽出されます。よって時間を掛けすぎずお湯を注ぎ切る事が、深い苦味コーヒーにしないことがポイントです。
Exif_JPEG_PICTURE
➄ 抽出後の粉が逆富士の形状になると理想です。

Exif_JPEG_PICTURE 

 

 

 

* この手順で慣れれば、どなたでも美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。

*   他ホームページも参考になります。

スターバックス:美味しいコーヒーをいれるコツ

日本コーヒー協会:コーヒーのおいしいいれ方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です